水のお取り寄せについて

以前から、全国各地に「名水100選」に選ばれた源流や、「銘水」と呼ばれるお水がありました。こういった水は、基本的にはその地へ赴いて汲むか、その土地でしか飲めないというのが当たり前でした。しかし、ここ数年の天然水ブームと、あらゆる技術の進化によって、遠くて行けないような場所の銘水でも取り寄せが出来るようになりました。まさか、水を取り寄せる時代になるとは思っていなかった方も多いでしょう。

でも、銘水と呼ばれる水は、本当に水道水などとは全く違います。基本的には軟水が多いのですが、軟水というのは日本人の味覚に一番合うと言われています。のど越しが柔らかく、ほのかに甘みがある軟水は、ミネラルウォーターとも違う味わいです。

ですから、一度、銘水などの天然水を取り寄せて飲んでしまうと、普通のお水が飲みづらくなってしまうぐらいだそうです。そんなに美味しいなら、お値段も高いんだろうと思われがちですが、意外に低価格で取り寄せることが出来ます。確かに、スーパーやコンビニなどで購入したら割高ですが、ウォーターサーバーのボトルを利用するとかなりお得になります。

ウォーターサーバーのウォーターボトルは、ミネラルウォーターだけではありません。日本の名水100選に選ばれたお水や、銘水と呼ばれるお水を各地で採水し、それを販売している会社もあります。普通よりも割高というイメージがある取り寄せですが、水の場合は、ウォーターサーバーを利用すれば格安で取り寄せられるんです。

水宅配で届く天然水やミネラルウォーターは軟水

人気の水宅配で届く天然水とかミネラルウォーターがおいしいんだって。うちも一度試してみようかと思ってるんだけど。そんな話をしていると「ミネラルウォーターは硬水だろう?そんなもの飲んだらお腹を壊すぞ!」と忠告されたことがあるでしょうか。確かにミネラル分の多い水は硬水と呼ばれ、ミネラル分の少ない水は軟水と呼ばれています。日本で飲まれている水は軟水なので、ヨーロッパなどに旅行して硬水を飲んだときにお腹を壊してしまうということもあるでしょう。

日本で水宅配で飲まれているミネラルウォーターはたいてい軟水ですから、日本人のお腹にも合っていて心配することはないのです。通常ミネラル分が1リットル当たり100ミリグラム以下のものを軟水といっています。硬水はというと、ミネラル分が1リットル当たり300ミリグラム以上のものをいいます。その中間は中硬水という区分になります。水宅配で供給されているミネラルウォーターはだいたい1リットルあたり30ミリグラム程度のものが多いので、十分軟水といえるのです。

中には硬度1000以上の超硬水を飲んでダイエットに活用する方もおられるようですが、普通の飲料水としては飲まないでしょう。「水が合う」「水が合わない」という慣用句があるように、水の硬度というのは生活していく際に重要なのです。宅配で届くミネラルウォーターの場合は日本人に合った硬度になっていますから心配する必要はないでしょう。玄関に届くボトルを設置して、気の向くままに楽しんでください。

水宅配はどうやって購入するのがいいのか

人気の水宅配を始めるとしたら、どうやって購入したらいいのでしょうか。まずはどの業者から購入するかを検討し、無料でお試しできるなら活用するのがいいでしょう。まず試してみて気に入ったなら正式に契約し、購入という段取りになります。

水宅配の天然水やミネラルウォーターは専用ボトルに充填されて配送されてきますので、その業者からレンタルできるウォーターサーバーを設置してお試しすることになります。気に入ったら本契約ということになりますが、配送する仕組みは業者によってさまざまです。

水宅配の購入方法は、決まった間隔で業者がおうかがいして必要な本数を配送するという方式の業者があります。少ししか飲まなかったのに決まった量を購入しなければならず余ってしまうといったこともなく、必要なだけ購入できていいですね。また、毎月何本と数量を決めて定期購入するシステムの業者もあります。いちいち連絡しなくても決まった本数届くので面倒がありません。

支払い方法も業者によって各種選ぶことができますが、いちばん便利なのがクレジットカードです。また、銀行の自動引き落としも利用できる業者もあります。一度設定しておけば購入金額によって自動で引き落とされますので、毎月の面倒な支払い手続きも必要ありません。

家庭で水をどれくらい使用するかという頻度はだいたい決まっているものです。コーヒーやお茶といった飲み物や汁物、煮物の料理、そして水割りなどのお酒でしょう。毎晩お湯割りで焼酎をたしなむ方であれば、コックで簡単にお湯を注げるウォーターサーバーはとっても快適で晩酌も気分がよくなるでしょう。

水宅配の天然水やミネラルウォーターの気になる製造法


放射能汚染の影響が心配されるに伴って、水宅配の製造が急速に増加しています。水道水が世界一安全だった日本ですが、浄水場が露天であることから放射能の影響を防ぐのに限界があると感じる方も多く、またいちいち水道局の検査結果をチェックして飲むほど余裕がないと感じるケースもあって、しっかりとした検査が行なわれている水宅配への信頼感が高まっているのです。

水宅配がどのように製造されていくのかを見学する事で、その安全性への信頼を高めることもできます。製造過程を見学できる工場が設立されており、その製造プロセスや安全性の確保を自分の目で確かめることもできます。

水製造で重要なのが採水地。また、そこに含まれているかもしれない雑菌を除去するためのろ過装置や加熱処理、そしてボトルに詰めるボトリング装置の安全性。そうした課程ひとつひとつをしっかりと確かめることで、毎日安心して宅配される天然水やミネラルウォーターをたのしむことができるのです。

製造過程で重要な雑菌の除去ですが、ろ過して雑菌を除去する方法と、加熱して雑菌を滅菌する方法があります。加熱する殺菌方法は確実なのですが、水に含まれる成分が飛んでしまい、風味も損なわれるというデメリットがあって人気ではありません。非加熱のフィルターろ過方式は雑菌は除去しても、水中に含まれているミネラルや酸素、炭酸ガスなどが失われないため、自然な味わいとからだにいい成分が豊富であると人気を呼んでいるのです。