水宅配の天然水やミネラルウォーターの気になる製造法


放射能汚染の影響が心配されるに伴って、水宅配の製造が急速に増加しています。水道水が世界一安全だった日本ですが、浄水場が露天であることから放射能の影響を防ぐのに限界があると感じる方も多く、またいちいち水道局の検査結果をチェックして飲むほど余裕がないと感じるケースもあって、しっかりとした検査が行なわれている水宅配への信頼感が高まっているのです。

水宅配がどのように製造されていくのかを見学する事で、その安全性への信頼を高めることもできます。製造過程を見学できる工場が設立されており、その製造プロセスや安全性の確保を自分の目で確かめることもできます。

水製造で重要なのが採水地。また、そこに含まれているかもしれない雑菌を除去するためのろ過装置や加熱処理、そしてボトルに詰めるボトリング装置の安全性。そうした課程ひとつひとつをしっかりと確かめることで、毎日安心して宅配される天然水やミネラルウォーターをたのしむことができるのです。

製造過程で重要な雑菌の除去ですが、ろ過して雑菌を除去する方法と、加熱して雑菌を滅菌する方法があります。加熱する殺菌方法は確実なのですが、水に含まれる成分が飛んでしまい、風味も損なわれるというデメリットがあって人気ではありません。非加熱のフィルターろ過方式は雑菌は除去しても、水中に含まれているミネラルや酸素、炭酸ガスなどが失われないため、自然な味わいとからだにいい成分が豊富であると人気を呼んでいるのです。