まずい水とは?

まずい水というのは、カビや藻など、なんらかの不純成分が混じった水です。よく「水道水の水はまずい」といいますが、その主な理由は、水道水に含まれる不純物が原因です。

水道水中には、トリハロメタンやトリクロロエチレン、シマジンなどの有害物質や、残留塩素などがまじっている場合があります。これらは、水道法の水質基準値以下ですが、身体によくない成分です。また古くなった水道管や貯水タンクのサビ、カビなどもおいしさを阻害する原因となっています。

水道の水に特有のカルキ臭は、浄水処理で使われた塩素が細菌と反応することで発生します。細菌が多いほど多量の塩素を使うため、カルキ臭も強くなります。つまりまずいと感じられる水は、「身体にとって良くないので、飲まないほうがよい」というシグナルでもあるのです。